オープンソースを使おう(10) 利用実態調査 | 生産性向上を実現するパートナー ベーネテック

中堅・中小から大企業の高収益体質の実現に向けて事業開拓、事業承継、生産性向上、人財育成など経営者のパートナーとして全力支援

ベーネテック

生産性向上を実現する経営パートナー

ベーネテックFacebookページ

TEL:03-6403-3236TEL:03-6403-3236

無料相談はこちら

※無料相談は2時間・一社初回のみ

オープンソースを使おう(10) 利用実態調査

OSSの利用実態

IDCが去年の1月と12月に国内企業・組織のIT部門を対象にOSSの利用実態調査を行っている。
調査結果を添付するが、ざっくりとまとめると

  1. OSSを「本番環境で導入している」と回答した企業は平均で31.3%。昨年の調査は31.5%、一昨年の調査では32.0%となり、この3年間で大きな変化はない。
  2. 導入が最も進んでいるのはやはりLinux。
  3. 特徴的なのはデータベースの利用状況で、
    ・MySQLは一年弱で26.5%から53.1%に倍増
    ・POSTGRESQLは13.3%から35%に約3倍近く伸びている。
    ・NoSQLに関しても同じような傾向で伸びており、商用のデータベースからOSSに急速に移行しているのがわかる。

IDC調査(2015年1月)

調査時点:IDC Japanが2015年1月
調査対象:国内企業・組織のIT部門
有効回答:309社
OSSを「本番環境で導入している」企業の割合:31.5%
本番環境での導入率が30%を超えている産業:通信・情報が39.2%、公共・公益が37.6%、金融が35.4%。

OSSを利用していると答えた企業における、主なOSSの利用率(出典:2015年4月6日IDC Japan/有効回答数309、)

IDC調査(2015年12月)

調査時点:2015年12月
調査対象:国内企業・組織のIT部門
有効回答:309社
OSSを「本番環境で導入している」企業の割合:31.3%
本番環境での導入率が30%を超えている産業:(記載なし)
規模別導入率:
・5,000人以上:39.4%
・1,000人~4,999人:36.8%
・100~499人以下:く24.8%

OSSを利用していると答えた企業における、主なOSSの利用率(出典:2016年2月IDC Japan/有効回答数309、)

« »

[fbcomments]