【経営問題を解決】事業承継問題を解決するには | 生産性向上を実現するパートナー ベーネテック

中堅・中小から大企業の高収益体質の実現に向けて事業開拓、事業承継、生産性向上、人財育成など経営者のパートナーとして全力支援

ベーネテック

生産性向上を実現する経営パートナー

ベーネテックFacebookページ

TEL:03-6403-3236TEL:03-6403-3236

無料相談はこちら

※無料相談は2時間・一社初回のみ

【経営問題を解決】事業承継問題を解決するには

事業承継とは

会社の経営を後継者に引き継ぐことです。
中小企業では、社長の経営手腕が会社の強みや、存立基盤そのものになっていることが多いため、誰を後継者として事業を引き継がせるのかが、非常に重要な問題になります。
事業承継に悩んでいる経営者も多いのではないでしょうか。
この事業承継の悩みを解決するためには、ポイントがあります。
主に、事業承継の方法は3つあると言われており、親族に引き継いでもらう、従業員等に承継する、M&Aで承継するです。
今までの事業承継は親族内承継が大半でしたが、近年では親族外承継へと変わりつつあります。
その理由として能力的な問題や、経済変化、社会変化によって経営が厳しくなり、継がせる不幸を意識する経営者が増えてきているようです。
このような悩みを抱えている経営者も多いでしょう。
事業承継とは

成功させるポイント

事業承継を成功させるためには、時間がかかるため計画的に、時間に余裕を持って取り組むことが必要です。
親族に引き継ぐ場合も、従業員に引き継ぐ場合も、経営者を教育するには数年もの時間が必要となるでしょう。
また、タイミングや対策次第で、税金が大きく変わる可能性もあります。
M&Aで承継する場合は、社外からの経営者を受け入れることで、短時間で事業継承が可能でしょう。
しかし、すぐに適任者が見つかるとは限りません。
そのため、事業承継を成功させるためには、どの方法であっても時間が必要になり、時間的に余裕がある方が有利なのです。
事業承継を行う際は、事業計画書を作成し、具体的に企業をどう成長させていくべきか、承継計画書を作成します。
親族内承継を行う場合は、意思疎通が大変重要なポイントとなり、経営者と後継者それぞれが施策を打ち、共有することで、スムーズな事業継承ができるでしょう。
従業員に承継する場合は、事業存続に有益な承継を第一に考え、複数の後継者候補を選び、教育しながら絞り込みます。
このとき、絞り込みと選定基準の明確化が重要なポイントです。
それぞれの特徴やポイントを抑え、事業承継を行いましょう。
成功させるポイント

« »

[fbcomments]